2018年06月29日

住みよい国づくり?

本日国会で、働き方改革関連法が成立したそうです。
内容としては、
@罰則付きの、残業時間の上限規制導入
A高収入の専門職を労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度」の創設
B正規雇用と非正規雇用の格差改善を図る「同一労働同一賃金」の適用
を柱としているそうです。

働き方は人それぞれですので、一概には言えませんが、
個人的には、仕事を進めにくい、
もしくは仕事へのやりがい、モチベーションを見つけにくい
世の中になってしまうのではないかなと不安を感じています。

☓.png ストレス.png



まだ先の話かとも思っていたのですが、
来年の4月から順番に導入される予定ということで、
世間の変化に遅れないように、学ばなければいけないなあと思いました。

エム・アイ・プラン 江原
posted by エム・アイ・プラン at 14:35| Comment(0) | 日記

2018年06月23日

沖縄の休日

今月は、ワールドカップがあり、北朝鮮が劇的に動き出し、
大阪では地震が起きてしまい、九州では噴火があり、
良くも悪くも激動の6月という感じです。
悪い事の方が多いですね。
大変苦労されている方がたくさんいらっしゃるのかなと、気分が晴れない思いです。

少し休みたい・・・と思っても、6月は国民の祝日がないのが残念です。

でも、沖縄では本日6月23日に祝日があります。
「慰霊の日」。
名前の通り、決して明るい休日ではありません。
太平洋戦争の時、沖縄の日本軍が崩壊し、
事実上の敗北が決まってしまった日ということです。

沖縄だけでなく、全ての日本国民にとって大切な一日なのではないでしょうか。
沖縄の人だけでなく、悲劇に向き合って、
自らの人生を考えるきっかけとする1日になればいいなと思います。

エム・アイ・プラン 江原
posted by エム・アイ・プラン at 12:19| Comment(0) | 日記

2018年06月16日

ワールドカップとは

ついに始まりました、FIFAワールドカップ!!
いつもサッカーの話題にはこれがつきものですよね。
早くも強豪国同士、ポルトガルとスペインが3対3で引き分けたそうです。
盛り上がってます。たぶん。

サッカー応援男.pngサッカー.pngサッカー応援女.png



残念ながら個人的にはサッカーにあまり興味がないのですが・・・
なので、今回は「サッカー」よりも「ワールドカップ」について調べてみました。

第一回ワールドカップは、1930年にウルグアイの100周年記念に合わせ、
FIFA(国際サッカー連盟)主催でサッカ−の国際大会として開催されたそうです。
最初は13ヶ国のみ、決勝リーグからのスタートで、ウルグアイの優勝でした。
ヨーロッパから広がって発展していったのかなと勝手に想像していましたので、驚きの事実です。

サッカ−で大成功し発展したことにより、他の競技でも「ワールドカップ」を使いたい!ということで、
いろいろなスポーツの国際大会で使われるようになりました。
確かに、ラグビーやバレーボール、スキージャンプなどで使われていますね。

・・・本当は、FIFAとしては「ワールドカップ」をサッカーの国際大会として商標登録したかったのですが、
うまくいかず。
「FIFAワールドカップ」を商標登録し、サッカー国際大会の正式名称となりました。
だから、一行目にも「FIFAワールドカップ」と書きました。

こういう経緯で、いろいろなワールドカップが世界では開催されていますが、
その中で僕が注目したのが、「ホームレス・ワールドカップ」。

何らかの事情でホームレスを経験してしまった人が、
社会復帰を主要目的として、国の代表としての覚悟を背負ってサッカーの国際大会に出場するわけです。
出場にはいろいろな条件がありますが、いいなと感じたのが、人生で一度しか出場できないということ。
大会を機に、前に進まないといけない、もとに戻ってはいけないという強いメッセージを感じました。

日本にも代表チームがありまして、名称が「野武士ジャパン」。侍.png
きれいでなくともいい、泥臭くても覚悟を持って戦う。そんな印象を受けまして、
良いか悪いかわかりませんが、ぴったりな名前やなと思いました。

・・・ん?野武士ジャパン??
少し前ですが、
武士の格好をした人が全力でサッカーをして、
泥だらけになりながらゴールを決めて、その光景に大歓声を上げる。
こんなCMありませんでしたか?
裏付けはありません。間違えていたら申し訳ないです。
でも、支援の輪が広がっていて、どこかで誰かが応援していると思うと、
温かい気持ちになりました。

エム・アイ・プラン 江原
posted by エム・アイ・プラン at 12:04| Comment(0) | 日記